真剣交際≒結婚

真剣交際から結婚を決める時は、恋愛結婚では無いので必ずプロポーズの言葉を交わして下さい。また、プロポーズはする方もされる方も「あうんの了解」がないとダメだと思います。事前に了解を得ておく又は確実に良い返事が貰える場合にプロポーズしてください。お見合い結婚の場合、真剣交際から約3ヶ月以内が統計的にひとつの目安になっています。私の聞いた話では約1年も延長して結局破談になったという話を聞きます。その1年間お互いにどういうお付き合いをしていたのか不思議です。恋愛ならいざ知らず、お見合いの場合は結婚が考えられないと感じた時は、交際終了を告げて次の方を探した方がいいです。縁がなかったと思って下さい。逆に早くに結婚を決める方もおられます。私の場合は真剣交際から2週間位で結婚を決めました。お見合い後の初デート以降は毎日連絡をとっていろんなことを話していました。ですから2週間でプロポーズが短いなんて思いませんでした。皆さんも初デートまで進んだなら真剣交際になるように、月に3、4回会うだけでなく、理由はともかく何らかの方法でお互いを感じあって下さい。今は電話以外にライン、メール、ショートメールががあるのでちょっとした事でもいいので連絡を取って下さい。そして結婚への意思を固めてプロポーズへと積極的に進めて下さい。合わない方ならその途中で答えが出ます。以前アメブロ「cocochiharu書いたかもしれませんが、結婚を目標に結婚相談所に入ったならその気持ちで交際などにもがんばって下さい。失敗してもいいと思います。縁がなかっただけでまた次にいい方が現れます。そう思って何にでも積極的に行動して下さい。結婚を真剣に考えているなら、一歩踏み出して見ませんか。

 

結婚したいを貴方の立場から応援できる
実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずは当結婚相談所にご相談ください。

資料請求はこちら