「99.9」

過日、松本潤の「99.9」がありました。最後に裁判官、検察官、弁護士が奇麗なトライアングルになることが重要だと言っていたと思います。近江商人の話で「三方良し」と言う言葉があります。買う人はどう、売る人はどう、世間はどう、この三つが全て揃って商品が売れると言うものです。結婚相談所業界でも同じでこのトライアングルが存在していると思います。会員様、結婚相談所、世間様、この中で一番難しい立場が結婚相談所だと思います。会員さんからの結婚相談所の評価は両極端で、成婚退会された方は高評価だし、成婚出来ずに退会された方は低評価で、世間様からも同じ感じで評価されているかと思います。成婚退会された方は、全てのことが上手くいったとは言いにくいですが、会員さんの努力も実を結んで、またそこには結婚相談所のアドバイスもあり成婚退会されたと思います。逆に成婚出来ずに退会された方は、何か足らなかった気がします。それは個々に違うと思いますが、一つ例を挙げるとしたら、お見合いできなかった、お見合いまで進み交際にいたらなかった、また、交際へ進んだが結婚を前提にした真剣交際に進まなかった時は、やはり会員さんの努力も必要ですが、結婚相談所からの適切なアドバイスが必要です。その場合に会員さんが恥ずかしがって相談所に本当のことを話せない、あるいは普段のカウンセリングの時に思いを話せてないなどとなると、カウンセラーも的を得たアドバイスが出来ません。また、自分では気付いていない辛口なことを言われた時に、それを聞き入れる気持ちを持ち合わせて下さい。最終目標は会員さんも、結婚相談所も成婚退会です。それを思う気持ちは同じです。また、成婚できれば世間も「よかったね」となります。ゆえにそれが成婚退会前提の結婚相談所業においてのトライアングルかなと思います。当結婚相談所では「あなたの生い立ちからお聞きします」なんてことはありませんが。

 

結婚したいを貴方の立場から応援できる
実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら