ダーズンローズ=花束



私がプロポーズする時にバラの花束を贈ろうと思い、「ダーズンローズ」にしました。「ダーズン」は12本のという意味で、バラの花が12本ということです。昔のヨーロッパでは、男性がプロポーズするために12本のバラを摘んで、彼女にプレゼントするという風習があったそうです。その12本のバラには、それぞれ意味があります。「愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実」です。それを私も恥ずかしながら家内に手渡しました。実際、バラの花を買う時は何本にしようかすごく悩みました。バラの花は値段も高いです。花言葉に誘われていろいろ調べて、結局自分で意味のわかる「ダーズンローズ」にしました。以下は僕が調べた本数です。意味はご自身でお調べください。
【365本】あなたが毎日恋しい
【100本】「100%の愛」
【99本】永遠の愛
【24本】一日中思っています
【12本】私の妻になってください
【2本】この世界は二人だけ
【1本】私にはあなただけ
この他3、4、5、6、7、8、9、10、11、13、21、40、50、101、108、999、1,000本とありました。ほんとうかな?
皆さん、お花を買うこと有りますか?女性の方なら買われるかもしれませんが、男性はほとんど買わないと思います。私もあまり買いませんでした。しかし、結婚してからはよくお花を買って家内にプレゼントしています。喜んでくれます。皆さんもお花を買ってあげる人、または買ってくれる人を見つけて下さい。家の中にお花があるといいもんですよ。

結婚したいを貴方の立場から応援できる
実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

PS.2018年5月2日 プロポーズして3年が経ちました。ありがとう。

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら