なんて読んでるの「名前」

皆さんお相手さんをなんて読んでますか?
お見合いの時、交際の時、真剣交際の時でお相手の呼び方を変えていますか?呼び方一つでお互いの距離感がぐっと縮まります。特に「姓」で呼ぶのか「名前」で呼ぶのか。いつまでも「姓」で呼んでいると、いつまでもよそよそしい感じがします。
では「名前」で呼ぶにはどのタイミングで、どのシチュエーションならいいのか。一番呼びやすいタイミングとしては「お見合いの時」です。思いのほか違和感がないはずです。太郎さん、花子さんと呼べばいいのです。
ですが非公開等で名前がわからないときありますよね。その時は席に着いて改めて挨拶するときに、自分から先にフルネームで自己紹介すればいいのです。「今日はありがとうございます。改めまして〇〇太郎です。又は〇〇花子です。」と先に言うことです。そうすると名前のわからない方でも普通はフルネームで挨拶するものです。その時にフルネームで挨拶できない方はちょっと・・・。
お見合いの時に名前で呼べなかっても別に気にしないでください。交際になるかどうかもわからないので。ただし交際になったら名前で呼ぶ方がいいと思います。それはお互いにステップアップした感じになるからです。先はわからないにしろ、少し異性との交際にワクワクするはずです。婚活にはそのワクワク感が必要です。そのワクワク感がないとトキメキません。だから最低でも交際になったら名前で呼ぶことをお勧めします。その時は初めにさっとお互いで話をして名前で呼ぶことです。「今日から交際よろしくお願いします。折角なんで名前で呼び合いませんか」とか言えばいいのです。最初に決めることが一番いいと思います。途中からだとそのきっかけが難しいからです。でも途中からでもやり方はなんぼでもあります。心配しないでください。そして真剣交際になったらニックネームで呼びあうと成婚が近づくなんてことも普通にあり得ると思います。
それほど名前で呼ぶということは重要なことになりますので、今後の参考にしていただければと思います。

結婚は素晴しいと思います。
「私たちと一緒に結婚を現実のものにしてみませんか」
当結婚相談所は実際に結婚相談所で成婚した夫婦がお世話しています。
入会から成婚まで、また結婚後もサポートしています。
面談は無料(予約制)です。お気軽にご相談ください。

【当ブログについて】
当ブログは婚活の専門的なことは書いていません。
日常生活の中からヒントを得て、それを婚活、人生に活かしてもらえたらと思い、そんな内容で書いています。
婚活の専門的なことは、ググればいっぱい出て来ます。そちらを参考にしてもらえればと思います。

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
少しの勇気を大きな夢に。

資料請求はこちら


LINEでお友だち登録

友だち追加
LINE@では、メールアドレスや個人情報を入力することなく、簡単にお問い合わせして頂けます。是非ご活用下さいませ。

※当会の会員さんでご利用の場合は初回のみ「お名前」をお願いします。


①「ご相談・お問合せ」の場合
通常のラインと同じようにご利用下さい。
②「婚活パーティーへの参加申し込み」の場合
・婚活パーティーの開催日時
・あなたのお名前、年齢、性別
・メールアドレス
・携帯電話の番号をお知らせください。

追加方法

スマートフォンから見ている方のみ

・右上の「友だち追加」ボタンを押して友だち追加してください。

QRコードから追加する

・スマートフォンのQRコードリーダーもしくはLINEアプリ内のQRコードリーダーで右上のQRコードを読み取り、友だち追加してください。
※ 次のURLをタップ又はクリックしてもお友だち追加出来ます。
line://ti/p/@hud9424a
cocochiharu ブログ
成婚会員様のメッセージ
婚活イベント
お知らせ・ニュース
ちはるの婚活アドバイス
システム活用マニュアル
お役立ち情報
過去記事アーカイブ
資料請求はこちら