カウンセラー「さん」



私もこの世界に入るまでは知らなかったのですが、結婚相談所のカウンセラー同士は、「さん」付けではなく先生と呼び合うみたいです。私は職業柄あまりこの言葉好きでは無いです。なぜなら人に何か頼みごとするときに、「先生〜頼みますわ〜」「社長のお力でなんとか頼みますわ〜」なんて言葉よく使いませんか?これを聞くと「先生」「社長」という言葉を軽く感じませんか、それよりも「〇〇さん」の方がなんか重みを感じませんか。でもこれが慣例みたいなのでこれに従っていますが、私を見かけた時は別に「木村さん」で結構です。「先生」方。
婚活する上で結婚相談所のカラーも重要ですが、もっと大事なのはカウンセラーだと思います。単に結婚相談所の内容を説明するだけの通り一遍だけでなく、人として接していろんな悩みを聞いてアドバイスできることが重要だと考えています。
人はいろんな性格の方がおられます。当然です。でもそれは、独りで生きていくのならいいのですが、結婚となると相手がいないとできません。そんな時、自分だけの気持ちでなく相手の気持ちも考えないといけないですよね。でも実際にどうしてよいかわからない時、つまり自分のこれまで生きてきた人生で初めての事象に出会った時、アドバイスできるカウンセラーがいたら心強いですよね。そこが親身になって相談できるのがカウンセラーの役目だと思います。ただし、カウンセラーは実際に行動はしません。行動に移すのはあなた自身です。上手くいけばそれで良し、失敗してもそれで良しと思わないと、そしてその失敗を成功のもとに変えてください。そうすると婚活力も上がるし人間的にも成長します。決してカウンセラーのせいにしてはいけません。あくまでもカウンセラーは相談、アドバイスの引き出しです。いわゆる数学の公式レベルだと思って下さい。でもその数式を一緒にその公式を使って解くか解かないかが最も重要です。答えはたとえ同じであったとしてもその人その人によりその過程が違うはずです。その引き出しの多さがカウンセラーの善し悪しに繋がります。結婚相談所選びではなく、カウンセラーを選ぶのが成婚への近道かもしれません。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

PS,写真は2年ほど前のTDLです。青空が綺麗でした。

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら