便りが無いのは良い知らせ

「便りが無いのは良い知らせ」このことわざ皆さん聞かれたことあるはずです。最近ではこの「便り」というのが手紙から様変わりして「電話」「メール」などに変わってきていると思います。でもこの「便り」ホンマにない方もおられるみたいです。よく聞く話なんですが重要な事をお知らせしても、何の返事もない方もおられる見たいです。届いているのか、はたまた届いてないのか心配になる時があるそうです。レスポンスといえば語弊があるかもしれませんが、ちゃんと返事が返ってくる方はしっかりと目標を持っていろんなことに取り組んでおられるそうです。婚活においても同じことがいえます。お見合いから交際へお付き合いが始まるが、電話しても留守電、メールしても返信なし、ラインも既読になるものの、返信なし。いったいどうなっているのといいたい方もおられるそうです。そういう方とは価値観が全く違うのか、それとも交際希望したけれど、やっぱりやめようかなと思っているかだと思います。お付き合いされてもご自身がしんどいだけで何もいいことは無いように思います。これは経験上のお話ですがそういう方とは交際を終了し、新しくお相手を探された方がいいと思います。婚活が停滞するだけで後々何もいいことは無いと思います。個人的な感覚ですが、お付き合いされてるのであれば、電話に出れない時は、その日の空いた時間に掛け直してください。ですが電話する方も相手のことを考えて電話してください。相手が仕事中、就寝中に電話するのは余程の緊急の理由が無いとしてはいけないです。電話する側が考えるそうことも必要です。メールは基本お手紙的なものです。そう考えると返信は遅くとも一両日中くらいでいいと思います。文章を書くのに時間がかかると思うので。ラインは既読後なるべく早くががいいと思います。内容にもよりますが、ラインが既読になるということは時間があると思われるからです。時間がなければ既読しないことです。既読にならないので相手はまだ見てないと思うからです。いろいろ便利な世の中ですがその分気を使うことも増えてきています。「親しき中にも礼儀あり」というようにお互いいろいろと注意したいですね。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

 

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら