地震と予防

2018年6月18日、大阪北部震源の地震がありました。京都にも大きな揺れがありました。とっさに阪神大震災のことを思い出した方多かったんではないでしょうか?私もあっと思い、思い出しました。地震って急に起こるので怖いですよね。昨年と一昨年、自然災害の講習に行きました。合計10回程仕事を兼ねて行きました。講習では必ず最後に何かに備えるという予防策で締めくくられます。地震の場合ですと揺れに対してどうしておくかです。タンス、家具等が地震の時は凶器に変わります。だから安全に固定しておく事が重要になります。今回も家具の下敷きで、ブロック塀が壊れて亡くなられていますよね。非常に残念です。これらの事象は本当あってはならないことだと思います。前もって予防出来たと思います。ですが現実的には起こってからでないと無理なんでしょうね。聴く人によると日本人はこの「予防」最も苦手とする行動らしいです。日本人は事が起こってから行動するタイプの人種らしいです。何となくですが農耕民族の名残りかもしれませんし、他の人種に襲われることのない島国のDNAが受け継がれているのかもしれません。この事象、身近な例でいくと歯医者さんなんかがそうです。歯が痛くなってから行きますよね。定期検診なんかあまりしませんよね。車の車検も本来必要ないかもしれませんが、車検が無いと整備しない人が多くからかもしれません。ある意味日本人の気質から出来た制度かもしれません。このような事象から考えると「結婚」もできて当たり前、何も悩む必要ないと思って育ったかもしれません。実際、昔の人はほとんどの方が結婚されていましたね。ですが時代とともにそうでは無くなってきてますね。本当はみんな結婚したいと思われていると思います。ですが地震と同じで結婚に対して予防が出来てないのでどうしたら結婚できるかわからず悩まれる方が多いように思います。そういう時は独りで悩まず、結婚相談所でその悩みを話し、今からでも遅くないので結婚できるような活動をしていくべきだと思います。歳は関係ないです。当相談所にも60代の方も婚活されています。結婚したいなと思った時が結婚適齢期、だと思います。
ちなみに予防の反対語は「対処」です。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら