質問=誰に?

お見合いの時の会話って気を使いますし、緊張しているので何を話しているかわからなくなる時ありますよね。そんな時の話題の作り方は、相手でなく自分に話しかける感じ、または、自分に質問するような感じで話すと、話が途切れずいいと思います。そうするとお相手さんも話しが続けやすいし、また、返事に困ってもあなたが自分自身に問いかけ話しているのだから返答も簡単ですよね。
例えば皆さんも必ずお見合いの時、お訪ねの定番の質問でいくと、
「今日はここまでどうやって来られました?」に対して
「・・・。」お相手さんが緊張しておられたら、
「僕はここまで近いので歩いて来ました。天気が良かったので気持ちよかったですよ」と続けて話せばいいです。その間にお相手さんは返す言葉を考えておられます。またちょっとわかりにくい質問をした時、
「最近は何でも自動化になってきてびっくりしますよね。この先何が自動化されたらびっくりします?」
「・・・。」
「この間テレビで観たんですが洗濯物を自動でたたむ家電がでてましたね。ただ衣類が限定されてたので、これがどんな洗濯物を入れても翌朝にはたたんで出て来る家電になったらびっくりしますし、家事が減って嬉しいですよね」こんな感じで話せばいいと思います。でもそんな時にでも、相手に対する心遣いも大切で、余り難しい話しだとこちらが模範解答をしめしても話しが続かなくなるので要注意です。こんな感じで話しをすると、以外にそれがきっかけでいろんな方向に話しが進み面白くなりますよ。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

 

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら