解説「結婚相談所」Vol.2

解説「結婚相談所」Vol.2
結婚相談所には以前にお話ししたように【A,オープンタイプ】【B,クローズドタイプ】【C,マルチタイプ】があります。(解説「結婚相談所」Vol.1参照)今回はあなたがどのタイプの相談所が向いているかを考えます。基本どのタイプもプロフィール(釣書)が必要になります。そうすると必然的に自身のデータをオープンにしなければなりません。その中でもAとCはシステムに登録しなければなりません。そうなると当然いろんな方があなたを見ます。そうなるちょっとと恥ずかしいとか、みんなに婚活しているのがバレるのでは、とかの不安が生じてきます。でもそんなことは全く気にしてないよと思われるなら、絶対にA又はCのタイプを私は勧めます。何故ならそのリスクを差し引いても大勢の中から希望に近いお見合い相手を探すことが出きるからです。Bのタイプは上記のような不安はないかもしれません。ですがお見合い対象の会員さんが非常に少なく、お見合いも組めないこと多々あります。そうなると時間だけが過ぎしまいには婚活も面白くなくなり、やがてもういいわとなります。
Bは基本小規模です。AとCは大規模の相談所もあります。そうなると一番大事なカウンセラーの人数が気になります。一人のカウンセラーが抱えられる人数は20人から25人くらいまでだと私は考えます。1カ月の間に1人の会員に対して延べ24時間が最低ラインかなと思います。それでも時間が足らないと思います。カウンセラーは会員さんを成婚へ導くためにサポートするのが役目で、単なる相談相手ではないです。会員さんが行動しない日でも、カウンセラーは行動している場合がほとんどです。だから規模にあわせた人数がいないと充分な婚活が出来ないと考えます。
最終的に私が勧める結婚相談所は小規模のCタイプがお勧めです。Cはネット検索も出来るしカウンセラー独自の推薦もある。フットワークが軽く機械的に処理されることはない。一人でフォローしてくれるので安心感が増す。私がCのタイプの結婚相談所で実際に成婚で来た。以上がお勧めの理由です。
ですが、お決めになるのは皆さんです。あなたはどのタイプの相談所をご希望されますか?

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら