真剣交際をプロポーズに

真剣交際を申し出る時に、いきなりプロポーズにしてもありだと思います。それだけお相手のことを気に入っているのなら、わざわざ真剣交際というワンクッションを置かなくていいかもしれません。最終的にプロポーズまで考えてるとおもうので。私は真剣交際を申し出ましたが、本当はその時プロポーズでもよかったのかもしれません。ただし真剣交際を飛ばしていきなりプロポーズの場合はそれなりのことを話しておかないといけないかもしれませんし、話しの脈絡もちゃんと作っておかないとお相手さんは「・・・?」となられるかもしれません。でもそこまで気持ちが入っていたらお相手も自然とわかってくれていて真剣交際がプロポーズにかわるだけで本来の未来の道筋を近道するだけのことかもしれません。昔のお見合いでは紹介を受けたらそのまま結婚されるケースは多かったと思います。それが結婚相談所という概念ができて、相談所同士のネットワークが出来て、お相手の選択肢が増えたからこそ真剣交際という言葉が生まれたのかもしれませんね。詳細は勉強不足でわかりません。すみません。何故そんな話しにふれたかと言うと真剣交際を申し出る時はすごく緊張すると思います。またプロポーズの時もそうだと思います。それならそんな緊張は一回でいいのかなと思うからです。真剣交際をOKするくらいならお相手さんもほぼ本気だと思います。真剣交際後は今後のことを話したりするので。でも逆に考えるとそんな真剣交際時だからこそ本当の自分が出るかもしれませんね。そう考えると真剣交際も必要なのかなと思います。皆さんは真剣交際は必要だとおもわれますか?

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら