交際中の連絡

先日あるところで話しに出たのですが、最近は交際中にほとんど電話は使用せず、メール、ラインを主にやり取りをされている方がほとんどらしいです。なぜなら電話だと、どんな状況でも出るか出ないかの選択肢しかなく、出れる時はいいのですが、出れない時は相手に不快な思いを生じさせ、また、かけた本人も相手が出なければそう感じてしまいます。だったら最初からそうならないようにメール、ラインを使った方がお互い時間の空いてる時に見れるので気持ちがいいですよね。ただし、以前のブログでも書いてますように、返信はデートなどの時間のやりとりがある場合を除いて、返信されることを期待してはいけません。返ってきたらいいなぁぐらいに思って下さい。そうでないと送ったあと返信がこないと自分がしんどくなります。特にラインの場合既読になったから返事が返ってくるのを焦らないで下さい。既読になったら読んでもらった、ぐらいに考えてください。また、いくらお相手さんが時間問わずに送ってもいいよといわれても夜遅くからの送信、特にラインはしないようにして下さい。ピカピカとスマホが光って相手によっては不快感を与えます。逆効果になります。お気を付けください。そして一番大事な内容ですが、いくらあわてていても必ず読み返して下さい。誤字脱字はないか、年相応の内容になっているか。交際始めはまだ恋人でも友達でもありません。ただの知っている人程度です。だから文字遣いには充分注意して下さい。「なあなあな文章」になっていませんか、「てにおは」はちゃんとなっていますか、「同じ読みで違う漢字」になってませんか、そのあたりをしっかりとおさえておかないとお相手さんは不信感を抱きますよ。そうなるとうまくいく交際もダメになることもあると思います。皆さんは大丈夫ですか?
・・・「わたしわ、そんなことの内容に注意してます。」
正解は「私は、そのようなことが無いように注意してます

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
お車でお越しの場合 駐車場も小さいながら1台とめれます
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら