悪い情報を褒めよ

「悪い情報を褒めよ」ずいぶん昔に佐々淳行氏の講演会に行った時に聞いた言葉です。あの浅間山荘事件で活躍された方です。
情報もいい情報と悪い情報があります。いい情報は待て。その情報に確証がとれた時点で報告する。悪い情報は早く、そうでないと方向性がそれていき修正するのに時間を要する。又は悪い方へ進んでしまう。だから「悪い情報を褒めよ」それは理にかなっています。私は印刷会社で従業員が失敗しても損しても余り怒りません。しかし悪い情報を隠した時は怒ります。解雇に匹敵するくらいです。それはお客さんためです。印刷会社として今年で51年目になります。(実際は江戸時代から業態を変えながら存続しています)やはり商売をしようと思うと信用第一です。信用を築くには時間がかかります。でも信用を失うのは一瞬です。雪印にしてもそうでしたし、また森永もいまでは信用を取り戻していますが一時は大変だったと思います。会社の大小ではなく従業員の質の問題です。一番難しいとことでもあります。結婚相談所でも???と思う相談所もあります。現代感覚と少しかけ離れた相談所、組織が大きくなりそれに伴う従業員の育成がダメなところ、いずれほころびが出て来ます。結婚相談所は信用を扱う業種です。そうなると当然信用第一で物事を考えなければなりません。よく私が感じることは、どれだけ会員さんのことを親身になって考えているか、ということを考えさせられることが多いです。プロフィール作成においても平気で間違っている。これは昔で言う釣書です。これが間違っていると言うことは大変なことです。また担当者と連絡が取りにくい、というのも変則週休二日にしているから、逆にきっちり週休二日のほうがわかりやすくていいです。だから質問しても返信もすぐに返ってこない。下手すると2.3日してから連絡が来る。人を扱う仕事なので、まず自社の人材育成が一番だと思います。その上で相談所業をしないと本末転倒です。
現在、結婚相談所をお探しの方はネットだけの評判で相談所を決めるのではなく、実際に行って見て決められたほうがいいと思います。但し、その場ですぐに入会しないと決めていかないと大手の場合ついつい入ってしまいます。ご注意下さい。
当社は入会を無理強いしていません。フォローもしていません。入会はその方が自身で決めると思っています。その方が上手くいくいかないにしろ自己責任で結果に納得出来ると思っています。自身の頑張りが成婚へと導くと思っています。当然サポートは惜しみなくさせて頂きます。ご相談はいつでもどうぞ。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
お車でお越しの場合 駐車場も小さいながら1台とめれます
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら