プロフィールを読解



現代ではプロフィールと読んでますが、昔は釣書と言ってました。これらは同じようで違います。プロフィールには自身で綴らなければならない「自己PR」「仲人PR」を書く欄があります。ここには未来のお相手に読んでもらって、心に残るようにPRしなければなりません、あり来たりのみんなと同じようなPRでは心に残りません。理由は皆さんが体験済みですが、他の方のプロフィールを見ても心に残らないとスルーしますよね。そうなると容姿だけしか判断しなくなりますよね。そうではなく容姿も大事かもしれませんが、それよりもその人自身がどういう人かということを読み解くことが大事です。そうするとあなたは読み解かせしやすい文章にすればいいのです。嘘は行けませんが、同じ内容でもわかりやすく魅力的な文章にして下さい。少し難しいかもしれませんが、挑戦してみて下さい。中には仲人さんにお任せの方もおれれるかと思いますが、それでもいいですが、それは客観的な下書きだと思って自分なりに直して、仲人さんに遠慮せずに加筆修正してもらって下さい。
例えば「一つ一つの事を地道にコツコツと積み上げていくような努力家で真面目な性格だと思います。学生時代に吹奏楽をしていたので、音楽には興味が有ります。誰に対しても優しく誠実な性格だと思います。 休みの日は、1日は、家でゆっくり過ごし、あと1日は、外に出るようにしています。友人と映画を見たり、スポーツ観戦をしています。また、食べるのが好きなので、美味しい店を探して、食べに行っています。 宜しく、お願いします。」より少し言い回しを変えたりして抑揚をつけると
「努力を惜しまず誠実で真面目です。また優しく育ててもらったお陰でみんなにも優しく出来る性格です。学生の頃は吹奏楽に没頭していたので、その名残で今でも音楽は好きです。休日は映画を見たりスポーツ観戦をしています。食にも興味がありおいしい店を探し足を運んでいます。将来は一緒にいろんなことをパートナーと一緒にしたいと思います。プロフィールをご覧頂きありがとうございました。こんな私ですがよろしくお願いします。」どうです少しは感じかたがかわってませんか?
もう一つ大事なことは、自分がなにか自慢出来ることは直接自分でいうのではなく、仲人PRにて書いてもらったいいのです。
例えば、自身のPRに「大学は首席で卒業しました」よりも、仲人PRで「大学は首席で卒業される学力をお持ちです」と言った方がいやらしくないでしょう。結果的に本当は「自己PR」「仲人PR」とも自分で書き上げる方がいいと思います。
プロフィールは出会いの第一歩だと思って頑張って書いてみて下さい。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
お車でお越しの場合 駐車場も小さいながら1台とめれます
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

PS,グランヴィア京都 at 6:00am

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら