交際(2/3)

交際から真剣交際に発展すると成婚が少し見えてきます。でも本当に相手を見るのはこれからです。交際期間中は見せなかった人柄が出てくると思います。それが良い方に転ぶならいいのですが、逆に悪い方に転べば…。だから真剣交際になっていても交際終了になる場合もよくあることです。また、当然ですが真剣交際になると話しの内容が変わってきます。例えば、仕事を続ける続けない、住む所はどうするの、子どもが出きる年齢なら欲しい欲しくない、家は買う借りるなど将来のことを建設的に話していかなければなりません。交際時みたいにいつまでも、どこに美味しいお店があるとか、どこに遊びに行こうとかの話しをしていたのではダメです。この期間は将来の自分たちのの人生にかかわることを整理しながら交際をしていく必要があります。でも私の主観では最終的な成婚条件は、2人の間の空気感です。この空気感が同調しないと一緒にいても何だか落ち着かないと思います。もっとも真剣交際になるのだから当然同調していると思いますが。なかには結婚をあせるあまり、自分を出せず相手に合わせすぎ精神的にしんどくなり、結婚してこれからという時に後悔することになりかねません。そのためにも真剣交際期間はある程度自分を出していくことが重要かと思います。心配しなくてもそのことで交際が終了になることは無いと思います。そうなるなら真剣交際までに終了になっています。
真剣交際になったからといって無理に付き合い方を変化させる必要もありませんが、少なからず将来のことを話しあう時間は取って下さい。そして成婚への気持ちを確かめつつ交際をして下さい。

実際に成婚退会したカウンセラーがいる
京都の結婚相談所です
ご相談は無料です 夜は午後10時まで営業しております
お仕事帰りでも気軽に面談できる京都の結婚相談所です
近所の相談所はちょっとという方にも交通の便はいいです
大阪府茨木市から約40分、滋賀県大津市から約30分です
お車でお越しの場合 駐車場も小さいながら1台とめれます
少しの勇気が貴方の新しい大きな未来へと繋がっています
私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか

cocochiharu

扉をひらくのはあなたです。
まずはお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちら